まっすぐにいこう

けいぞくはちからなり

日記

銀座の寿司屋でよくあること

付き合いで銀座の寿司屋に行くことがある。最初はちょうビビっていた。大将がめっちゃマナーに厳しかったらどうしよう。つれてってもらうのにきちんとせねば!と意気込み、寿司の食べ方のマナー本を読み、ネットでこれでもかというくらい検索し、勉強した。 …

未だ内乱中の地域が、日本にだってある

日本において県内で部族抗争が続く地域はそれなりにあるけれど、それが一番激しい、と思われる県にやってきた。 そう青森県だ。 岩手県ほどではないけれど青森県も広い。あの広い東北の中で唯一、太陽が昇った太平洋側から太陽が沈む日本海に車を走らせて、…

肉も魚も美味しい、の両面取り

魚が美味しいところはある。 お肉がおいしいところはある。 お米がおいしいところはある。そしてそこは大抵日本酒が美味しい。 魚が美味しくて、お肉もおいしくて、お米もおいしくて、一緒に日本酒も美味しくて。とどまらず、ワインも美味しくて、ビールも美…

大酒飲みの甘党

※この日記の内容は一部に偏りがあることを了承した上でお読みください。間違ってもけんかを売っている訳ではありません。 酒飲み というワードをグーグルで検索すると、大抵、 甘い物苦手 辛党 とか出てくる。 確かにそういう人は多数派だと思う。お酒を飲み…

人はやっぱり金が好き

仕事終わりにそのまま新幹線に乗り込んで、旅立つ。 手には駅構内で買ったお惣菜に、金色に輝くエビスビール。 旅立つとか、何か特別な時にしかも楽しいことが待っている場所に移動しながら飲むビール、というだけでもよだれが出てきそうなのに、持っている…

旅の荷物内容で性格が、荷物量で人間力が分かるんじゃないか

現在絶賛旅の荷物の準備中だ。 夫の遅くなった夏休みに合わせて、自分の休みも調整し、二人の遅い夏休みがもうすぐ始まる。 行き先は東北地方。奥の細道、みちのおく、みちのく。昔から辺境の地として認知されているし、現在でも仙台以外は辺境の地として扱…

海外の料理番組で見える、日本人のいいところと悪いところ

そもそも何がよくて、何が悪いのか。 そういうことは抜きにして、海外の料理番組を見たときに、海外と日本の文化の違いが如実に現れていて、思わず笑ってしまった。 夫がオーストラリアにいたときによくテレビで見てた、と言っていたので、よく調べていない…

真夜中のホールケーキ

真夜中のホールケーキ 名実ともに、なんとも甘い響きであろうか。甘さの裏に隠された罪悪感は、食べれば食べるほど感じるのだろう。朝日が昇る頃には罪悪感が勝つか、満足感が勝つのか、それは食べてみなければ分からないのだ。 真夜中のホールケーキは1人…

9.11で検索してしまった

16年も経つと、テレビのニュースでは扱わなくなるのだろうか。国内の出来事ならまだしも、海外での出来事だからだろうか。現場にいなくとも、当時生きていた人間としての視点としては、あの件でアメリカという国がどんどん変わっていったなー。節目だなー…

世界史資料集が捨てられない理由

高校のときに学校に指定されていて購入した、世界史の資料集が未だに捨てられない。情報だってもう古いし、気に入っているならば買い替えた方が絶対良いのに、捨てられない。 ミニマリストがそばにいたら、速攻捨てた方がいいよって言われちゃいそうなくらい…

おばあちゃんのまんじゅう

黄金色の稲が刈られて、秋が深くなると田舎では大抵収穫祭がやってくる。 その時期には木の実とかきのことかもいい感じに採れる時期で、お小遣いを切らした子どもはアケビのツルを探して歩き回る季節だ。 あんまり奥に行き過ぎないように、行き過ぎたときの…

自分にできることと自分がやりたいこと

自分にできることと自分がやりたいことは大抵一致する。 できないことをやりたいと思うとき、大抵は努力不足か実は自分が本当にやりたいと思っていないときである。 やりたいと心から思ったとき、人は楽しさで他のことを忘れる。やりたいことは何もかも忘れ…

秋の風が吹いて恋は終わるものらしい

一夏の恋、夏の間に出会った人と夏の間だけ付き合って、涼しくなる頃には分かれてしまう恋のことを言うらしい。 本当は二夏も三夏もずっと一緒にいられるのが幸せの象徴のようにみえるのだが、人間スリルを味わいたい生き物のようで、一夏きりという限りある…

今、教養の意味をもう一度考えよう

ー教養 国語辞典、Wikipediaなどで調べると、個人の人格や学習に結びついた知識や行いのことを指し、関連した学問や芸術、および精神修養などの教育、文化的諸活動を含める場合もあるとのこと。 勉強ばかりでなく教養も身につけなさい。とたまに言う人もいる…

かわいい子には旅をさせない人の教育方針

ーかわいい子には旅をさせよ 江戸時代初期の短編小説の中から登場した言葉のようだ。かわいい子というのは、容姿ではなく、自分にとって大切な人という意味。大事な人だからこそ、そばにばかり置いておくのではなく、色んなことを自分でやらせた方がいい、と…

足るを知るは己を知る

ー足るを知る者は富む 春秋戦国時代の中国の哲学者、老子の言葉だ。分不相応な真似をしようとすると、年配の方を中心に、この言葉を若者にかけることが多いようだ。特に田舎の方へ行くと、都会とは違うんだから、とか、お前は地方公務員になるくらいが最上だ…

マンガアプリを使って分かったジャンプの偉大さ

最近色々なマンガアプリが登場している。今や音楽に続きマンガも無料で読める時代になった。今時の中高生は、こうした制作物は無料が当たり前と思っていて、有料だと文句をつけたりしている、といった問題も起きているようだけれども、資本主義が続く限り、…

9月の目標を考える

9月に入ると、風が暦を知っているかのように空気がぴたりと変わった。今年もあと4ヶ月。人間3、4ヶ月継続すると大抵その力が身につき始めてくる。実際日記を書き始めてから、文章を構築するスピードは格段に上昇した。文章力はさておいて。 物事はまずゴ…

お金が欲しいか、自由が欲しいか

お金の対義語は自由、な訳ではない。 欲しい物ありますか?と聞かれて、お金!と答える人は一定数いる。子どもに聞いても、お金!と答える子がいて、大人から見ているとませた答えだな〜という印象を受ける。 では、欲しいもの、と聞かれたときに迷わず「お…

人狼ゲームにおいて、市民が占い師のフリをするのはありなのか

定期的に仲間と人狼ゲームをするようになって数年。初めて人狼ゲームを題材とした本を読んだ。 人狼ゲーム 人狼ゲームのアプリを開発した人の著作のようだ。話の内容は気になる人に読んでもらうとして、とにかくすごくひっかかったことがある。 それは、市民…

私は結構本気で借金を返したいと思うんだけど

麻生太郎氏による「日本の借金」の解説が超わかりやすい 「経済をわかってない奴が煽っているだけ」 - ログミーファイナンス zuuonline.com ギリシャのようにはならないことも分かった。 世界的に見ても日本をオワタさせたらヤバいから何かしら救済してくれ…

冒険物は大抵山間部から始まる

小説を読んでいると、主人公が冒険を始める場所は大抵山間部だ。たまに港から始まる物もあるけれど、もしかしたら私が偏っているだけかもしれないけれど。大抵、山の中のひ弱な主人公が徐々に徐々に海に向かって、さらに海を出て大冒険する。 つい最近では進…

雨が多い夏だったけれども、それでも収穫の秋はやってくる

気がつくと8月の土日が全て終わってしまい、次の週末は9月になることに気がついた。9月に入っても暑さは続くけれど、だんだんと秋らしい涼しさがやってきてそして今年も徐々に終わっていくのだ。 気がつけば日記は6月から毎日欠かさず更新をすることがで…

城は攻め落としながら見学すると楽しい

しまなみ海道をぬけて、自転車も返して、3日目は松山。 松山の観光と言えば、松山城と道後温泉!ということで2つとも行ってきた。 松山城は公園から自力でのぼっていく方法と、その反対側にあるロープウェイもしくはリフトを使ってのぼる方法がある。 今回…

しまなみ海道で考える、「こんにちは」

再びしまなみ海道ネタから。今回は2泊3日、出発尾道、今治ゴール、からの松山、道後温泉にも立ち寄るグループ旅行。 2日目はついに広島県から愛媛県へと越境。サイクリストの聖地とか自転車グッズ、及びサイクルオアシスという名のコンビニ含め多くの休憩…

しまなみ海道、レンタサイクル利用の真実

最近自転車の聖地、と言われているしまなみ海道に行ってみた。 普段はロードバイクもクロスバイクも乗りまくるチャリダーですが、今回は自転車初心者さんも含めた団体での旅立ったので、全員分まとめてレンタサイクルを利用。 中心になって企画してくれた人…

本当にプレミアムフライデーでいいのか

最近ワークライフバランスという言葉が流行っている。働きすぎよくない、みんなもっと早く帰って自分の時間を持とうぜ、みたいな運動。 だらだら残っている職場には適切だけれども、経営陣の怠慢によりそもそも仕組みがうまく回っておらず現場の仕事量がその…

電車で突然、おじさんに話しかけられて、本を渡された時の話

本棚の断捨離中、明らかに毛色が違う本が一冊出てきた。 最初は、これなんだっけ、と思ったけれどすぐに思い出した。 そうだ、電車で突然おじさんに話しかけられて、渡された本だった。 あれは、まだ私がピチピチかどうかは分からないけれど、女子大学生をや…

荷物の先送りにとても頭を使うワケ

今週末、我が家に少し遅めの夏休み第一弾がやってくる。 今年から私の仕事リズムに変化があり、夏休みを取る期間を夫最優先にさせた結果、夫が夏休みを連続ではなく分割でもぎ取ってきた。3連休がたくさんある感じがなんだか楽しい。 週末から旅行に出かけ…

子連れご飯に思うこと

最近子連れの入店を拒否するお店がある、というニュースがチラチラ話題になっている。まあ、そういう店もあるよね、と思っていたら、そんなの時代遅れだ、なんだこの店はもう行かない。という声が結構多くて驚いた。 そう思ったら別に行かなくていいんだと思…