まっすぐにいこう

けいぞくはちからなり

つきたての餅問題

f:id:kuro-yan:20170821150444j:plain

この世でおいしいご飯とはなんだろうか。

小さい頃は、お母さんと我が家では料理好きなお父さんが作る料理が最高に美味しくて、外で遊び回ってお腹を空かせて家に帰った後のご飯が最高だと思ってた。

学生の頃は何を食べていても楽しい仲間と一緒だととても美味しかった。

 

そして社会人になってからは、初めての東京で年上の夫に引っ張られるままに色々なおいしいを経験した。

ちょっと節約して日々の食事を抑えれば、銀座で回らない寿司食べられることが分かったし、高級なホテルのバーで飲むこともできる。友達が増えると、一見さんお断りのお店に入れる機会もゲットした。

 

最近よく聞く港区女子と呼ばれる彼女たちが、その美貌を持って港区界隈を闊歩する男たちにつれてってもらうようなレストランは、もちろん美味しい。

けれども、色々食べて思ったのだ。本当に旨いものは他にもある、ということを。

 

料理はその単品で美味しいと嬉しいけれど、他の要素もたくさんある。

一緒に食べる空気、ちょっと飲む水。食器を洗っている水。

量。そして一緒に食べる仲間。他にも色々あるけれど、料理そのもの以外の要素も、美味しく感じるための要素として確固たる地位を築いている。

 

とはいえやっぱり東京で食べると技がある店が多い。茶碗蒸しやお吸い物は確実に東京で食べる方が美味しい。

でも原材料に近いような物を食べるときは、その地方に行った方が美味しいし、もちろん安い。それに、本当に美味しいものというのは実は地元で食べ尽くされてしまって東京には出回らないこともある。

 

それから、私が生まれ育った場所は空気も水も美味しい。そして米もうまい。米は米だけで食べることができる、というのが当たり前で育った私は、毎日のように高級な物を食べている港区女子たちよりも、もしかしたら舌が肥えているのかもしれない。

 

さらに大勢で食べると美味しいマジック、が料理には存在する。

その代表だと私が思っているのは餅だ。特につきたてホカホカの餅は、みんなでよいしょーってついて大量につくる美味しさと、みんなで食べるからこその美味しさの相乗効果で最高級品のように思える。季節柄の寒さ、というのも美味しさを後押ししているだろう。

 

餅のような料理を見ると、私は思う。この世でおいしいご飯という物は何なのか。インスタとかFacebookとかのSNSに振り回されないよう、これからもその場のおいしいをちゃんと感じて生きていきたい、と思う。

 

 

 

三笠を見て艦コレに目覚めた

f:id:kuro-yan:20170821142853j:plain

関東内陸の天気が悪そうなので、手軽に晴れているところへ行こうと思い立ち、横須賀にやってきた。

初めての横須賀。イメージはカレーだ。お昼ご飯にカレーを食べる希望を出して、他のプランは久しぶりに夫に全任せ。

 

カレーは横須賀中央駅近くの、横須賀海軍カレー本舗というところに行った。

https://tabelog.com/kanagawa/A1406/A140601/14007903/

 

混雑直前に到着したことで大して並ばずに入店。

入店するや否や、武将をイケメンにしました、ならぬかわいい女の子のイラストポスターが至る所に!それとのコラボメニューも!

夫は特段そういうものに詳しい訳でもなく、デートコース選択ミスったかちょっと焦った、が、しかしカレーは結構おいしい。

 

f:id:kuro-yan:20170821142528j:plain

もちろんカレーを極めればもっと美味しいお店はたくさんありそうなのだが、日本に入ってきたカレーの元祖を体験っていう意味では十分満足。ってか結構最初の頃からカレーって美味しかったのね。

今よりコクが深いっていうよりはあっさりサラサラしていて、ごはんといくらでもたべられちゃうって感じのカレーだった。

決して水っぽい訳でもないのに、するする食べられるから、これでたくさんご飯を食べさせて、兵隊さんの肉体強化に一役買った訳かと納得。

 

お店を出るときに、お会計の脇にあった、お客さんが書けるノートを発見し、感動。かわいい女の子の絵がいっぱい。みなさんすごく上手。艦隊これくしょんっていうのかな。この子たちは艦娘っていうのね。ちょっと勉強になった。

今度はこういうのに詳しい友達と来ていろいろ解説してもらいたい。

 

カレーでお腹を満たした後は、お散歩。散歩の後に船に乗るとのこと。今日は夫に善任せ、なので女の子らしくエスコートされる。

ほどなくして三笠公園に到着。記念艦三笠、という大きな艦がお出迎え。すごい。思ってた以上にしっかり残っていて感動。

f:id:kuro-yan:20170821142602j:plain

日本史も世界史もしっかりだった夫の解説が入りつつ、見学。

とりあえず、すごい、の一言。

中央アジアとか昔ロシアと戦っていたような国に行って私は日本人って言うと、東郷平八郎の名前を挙げて、めっちゃ親日だったなあっていう旅行の記憶がよみがえった。

内部の見学するところも結構細部まで細かく見学できるし、ビデオ解説のクオリティも結構高かった。さらにVRで当時のバルティック艦隊との戦闘の再現とか、ゲームで戦闘の体験ができたりして、見学料金一般600円はかなり安いように感じた。

このクオリティなら、1000円取られても文句ないわ。

 

この艦に乗っていた人がどれくらいいたか、とか危険な作戦でも東郷平八郎の意気に応えようと、70人定員くらいの作戦に2000人志願者がいたとか、その人望すげえなあとか。戦争はもちろん反対だけど、実際の戦争を伝えるものとして、とても大事な施設だなと感じた。普通の記念館じゃなく、記念艦だからこそ感じられる物もたくさんあった。

 

ただの散歩で寄ったにしてはもったいないクオリティに後ろ髪引かれつつ、横須賀の軍港を巡る船のツアーへ。歩いている途中に米軍基地もあったりして、街の雰囲気がなんだか日本じゃないみたいな感じだった。不動産屋さんが店先に出す広告も英語で書いてあった。

ここに住んだら、当たり前に色んな肌の色、髪の色の人がいて、親が間違えなければ人権感覚のある子どもに育ちそうだな、とちょびっと思った。

 

船は船でまたハイクオリティー。お兄さんの解説が分かりやすい。ってかちょいネタが面白い。トーク力かなり高めなお兄さんのおかげで45分間飽きずに見学できた。

 

先に三笠を見ていたおかげで、昔の艦と今の艦を比べてみることができてそれもまたよかった。最近情勢がたまたま悪かったおかげか、ロナルド・レーガンもみることができた。すごく大きい。日本の色々な艦やその特徴、名前のつき方、海上保安庁海上自衛隊の関係など、色々勉強になった。

普通の人はもちろん、自衛隊反対ってデモやっている人にも一度実際に見て勉強して欲しいなと思ったり。やっぱり何かを論ずるためにはいろんなことを知っておかないとよりみんなが幸せになれる選択って難しいんだな。

日本のこともっと勉強しようって改めて思った。

 

夫婦で感じたことを討論しながらアイスタイム。船を降りた場所から近いところのお土産屋さんで、なんと棒アイスが1つ70円ほど。3つで200円。

もちろん3つ買いましたよ。チョコミント、チョコチップ、ミルク。チョコチップとミルクの2つ食べたのは私。久しぶりにアイスがおいしい天気だったので幸せな気分。

彼女だったら遠慮して1個で大丈夫とか言っちゃうのかもしれないけど、遠慮なく2つ食べられる夫婦関係ばんざい。

 

帰りは電車に揺られながら今日学んだことの振り返り。毎回見られる艦が違うから、また機会があればもう一度行っても良いなあ。

 

あ、艦これやってみようかな。。。

 

原作が映画化されたときに受けるショックについて

f:id:kuro-yan:20170819091357j:plain

原作、というと大抵小説だ。たまにマンガ。

作品は人気に火がつくと、ドラマ化とか映画化とかゲーム化される。

映画化は私の中では二種類あって、日本で映画化されるのとハリウッド映画化っていうのがあると思っている。

 

原作があるものを映画化すると、大抵何かショックを受ける。

原作を知らなければ特段なにも思わなかったりするけれど、大抵見た後に原作もチェックしたりして、原作の方がいいな、と大抵思う。

 

私は最近この問題を、読書感想文問題、と心の中で思うことにした。

同じ本を読んでも、人によって読書感想文に書く内容は全然違う。人間関係に注目する人もいれば、その物語の世界観に注目する人、はたまた一つの台詞に付いて、自分にいかに影響を与えたのか注目する人、本当に様々だ。

 

映画も多分同じだ。

監督と私とでは、着眼点が違ったのだ。

 

そう思っても消えない、映画化ショックの正体は一体なんなんだろうか。

 

それは映画化されたことによって、そちらの解釈が正解かのように世の中に普及していくことに対して何か歯がゆいものを感じるのかもしれない。

もちろん自分の見方が正解と思っている訳ではない。でも映画しか見ない人は、その映画での着眼点でしか物語をみようとしなくなってしまう。咀嚼のされ方が少し変化している自分の大好きな作品について、誰かに違う咀嚼のまま、それだけの視点でしか作品が見られなくなってしまうことへの寂しさもあるのかもしれない。

ああ、違うんだよ、作者はそこんところもっと深く文章化してたよ。

ああ、違うんだよ、そこでこういう登場人物のバックグラウンドがあるんだよ。

なんて、補強したくなる。

 

本当は正解なんてない世界なのに、無理矢理正解はこれですって決められて、これまでの自分の咀嚼方法について採点されてしまうような感覚に陥る。

 

読書感想文に100点満点採点なんてないのに、映画化されると途端に100点満点採点に変わったような気がして、そんなん聞いてないわ!みたいな。

 

でも自分の頭の中にしかなかった映像が具現化される嬉しさもあったりして、本当にいいな、と思えるときは映画と原作と両方をセットにして見たくなる。

ああ、小説だけでなく、この2つがそろって本当に作品としてなりたってるな、みたいな。

 

そんな作品との出会いはまだまだ少ない気がするけれど、映画にショックを受けてばかりでも映画界隈に申し訳ないから、映画の勉強を少ししてみたいと思う。

映画だって、私の知らない技法でそれらは演出ができていて、小説の伏線に気がつかない子どものように、映画の伏線に気がついていない私がいることもまた事実。

 

原作からのショック緩和策、

映画の勉強をしよう。

 

 

暗殺マンガなのに物理を勉強したくなる

f:id:kuro-yan:20170818100953j:plain

暗殺教室というジャンプのマンガにはまっている。というのも今ジャンプ+のアプリで無料話がいくつかあり、それを読んだのだ。

 

中学生に暗殺をさせている感じから、リアル鬼ごっことか王様ゲームみたいなやつを想像していたのに、全く違った。

暗殺という舞台の上で、様々な教育論がぶつかり合う、金八せんせーみたいなマンガだった。

しかも絵柄が結構女子中高生に受けているらしく、女子中高生の間で人気作らしい。普通の男性受けもジャンプだから重要なのかもしれないが、世の中の経済を回す存在として女子中高生、特に女子高生は大きい存在だ。そんな彼女たちに受けるということは世の中では勝ち組マンガなのかもしれない。

 

マンガ内では様々な暗殺方法が紹介されるし、殺せんせーの感動的な台詞も盛りだくさんで、様々な教育論について考えさせられたくなる、はずなのに、私がこのマンガを読んで一番思ったことと言えば「ああ、物理を勉強しておけば良かった」ということだった。

 

そう、殺しでも教育論でもなく、物理だ。

高校生から恐れられている物理だ。

アインシュタインだ。

 

このマンガを読んでいると、最大の謎は殺せんせーだ。

マッハ20で動けるという設定で、マッハ20であらゆる動きをこなす。

マッハ20あるから昼休みに中国に行って麻婆豆腐を食べて帰ってきたり、学校が終わるとアメリカまで野球を見に行ったり。

マッハ20のスピードで採点も終わらせて、さらに生徒一人一人に合わせた問題作成までしてしまう。

 

ここまで読むと、あらゆる疑問が浮かぶ

マッハ20で動ける、という設定だけれども、最高速度はマッハ20ではないのではないかと。

マッハ20で動けることよりも、マッハ20で動いた体にブレーキをかけられることのほうが、使うエネルギー量を考えてもすごいことなんじゃないかと。

マッハ20で採点ができるということは、マッハ20の状態で鉛筆を動かして止めることもできるということ。

なんでもそうだが、短距離走の選手も、飛行機も徐々にスピードを上げていき、最高速度というものが存在する。そして最高速度を急に止めるのは難しい。車が急ブレーキを踏むと道路には後が残る。エネルギーが放出された後だ。

 

でも殺せんせーは普通にマッハ20で行動する。つまり、マッハ20が私達の散歩速度と同じということだ。短距離走選手が全速力を急に止めることが難しくても、散歩速度であれば急でも止まれる。

 

ということは、殺せんせーの最高速度はいったいいくつなんだ?

殺せんせーがブレーキに使っているエネルギー量は?

 

知りたい。こんなとき、ネットで誰かに聞けば良いのかもしれない。

でもふと思い立つときって、本当にどうでもいい瞬間で、なんかお風呂はいりながら思いついちゃったりして、お風呂に上がってからスマホを手に取る頃には忘れちゃったりして。

 

ああ、自分に物理が少しでも分かれば、というか覚えていれば自分で求めることができるのに。

 

それがこの暗殺マンガを読んだ私の感想だ。

 

 

 

リアル、グスコーブドリだねが通じなくて

f:id:kuro-yan:20170817103047j:plain

グスコーブドリ、と聞いてすぐに、ああ宮沢賢治の童話だね、と結びつけてくれる人は意外と少数派なのか。

 

最近関東や東北はとにかく涼しい。仕事柄行ったり来たりなのだが、東京はこれまでいた期間の中で一番涼しいし、東北もここまで涼しいのは10数年前の冷夏以来じゃないだろうか。

インターハイで高校生たちが風邪を引いていないことと、間違っても東北はいつもこんなに涼しい、というか夏なのに寒いみたいな感じじゃないことを抑えておいて欲しいと切に願う。

 

今年は梅雨時期が暑かったので早く植えた稲の成長はともかく、今の時期暑くないというのは日本人のソウルフード米には大打撃だ。

貴重になった瞬間にそれが食べたくなってきてしまうんだから人間わがままだなあ、という感想は置いておいて、とにかく大打撃。まじで実がふくらまない。

 

そんなニュースをみていて、私は思ったのだ。

ああ、リアルグスコーブドリだなあ、と。

 

しかし、夫に聞かれた。グス・コーブドリ?

いや、切るとこ違うし知らないの?宮沢賢治は知ってる?

宮沢賢治は知っているけれどもグスコーブドリは知らなかったらしい。自慢ではないが夫は学校のお勉強はかなりできた方だ。しかしそんな人でもグスコーブドリを知らないということは、案外マイナーな本なのかな。

 

グスコーブドリは簡単に言うと、今の冷夏の状況にある東北地方の実態をファンタジーに置き換えたような作品だ。

今なら品種改良という手段をとっているんだけれども、グスコーブドリでは火山を噴火させてやませに対抗しちゃう、つまり天候を操るという手段に挑む。

 

でも最近の品種改良研究はだいぶ進んでいるようで、実は1ヶ月前に1ヶ月後の天気が90%の確率で当てることができたら、企業や農家は準備をすることができる、つまりなすすべありません、というわけでもないくらいだそう。

今後は気象予報の研究を進める方向にも予算や時間を費やした方が費用対効果がもしかしたら大きいかもね。

 

というところまでを含めて、リアルグスコーブドリだ。

 

グスコーブドリをもう一度読み返したくなってきた。

 

 

 

 

牛乳石けんから考える覚悟の問題

f:id:kuro-yan:20170816164315j:plain

 

www.youtube.com

 

牛乳石けん、懐かしい。

ムービー内容が結構賛否両論分かれているCMなようで。

まあ今のご時世、こどもの誕生日の日に居酒屋に行っていたらバッシングされるよ。と思いつつ、考えさせられたこと、つらつらまとめてみる。

 

この問題って根深いなーって思う。

ベビーカー押してたら、男性ではなく同じ女性であり子育てを終えたのであろうおばさんから、注意された、みたいな話とか。それこそ、学校で先輩はこう言っていて、俺たちも逆らわずにやってきたんだからお前たちもこうしろよ、みたいな話と、性質は似ているんじゃないかな、と思う。

 

この主人公の男性は、お父さんにそうさせられて嬉しかったのか、というと本当は一緒に遊んだりして欲しかったと思っている。

けれども一緒に遊んでくれなかったからこそ、父から伝わってきたものもあったなあ、みたいな。

 

別に、お父さんは子どもと一緒に遊んじゃだめ、とは言っていないし、お父さんは子どもと絶対一緒に遊ばなければいけない、とも言っていない。

でも、自分があのお母さんの立場だったら多分ちょっぴり拗ねるし、自分だけ飲んできやがってこのやろーとも思う。

 

でも自分だったら、自分がやりたいと思っていることに本当に向き合っているのかどうか、という点で夫を怒るかもしれない。

 

子どもはお父さんと誕生日を一緒に過ごさないと、必ずしも成長しないか、というと別にそうじゃない。お父さんと早くに死別した人でだって、立派な人は世界中たくさんいるし、お父さんが仕事忙し過ぎてなかなか会えない中育っても、大人になって周りに愛情がない人間になっているかというとそうでもない。

 

多分、一番大事なことは自分の中で一番やりたい事や、自分が本気に思ったことを本気でやってるかということだと思う。

 

この主人公が本気で後輩を慰めてやりたい、力になってやりたいという想いで居酒屋に行っているのであれば、私はよしとしたい。

それこそ明日にでもこいつ自殺しちゃわないか、とか追いつめられているような人がもしも夫を最後に頼りにして、それに応えたいと夫が言ったら、行ってこいとも思う。それは夫と妻で立場が逆でもそうであってほしいと思うけどね。

 

世界を救ってくるから誕生日一緒にいられないけどごめん、と言って宇宙船に乗る父親がいたら、尊敬できちゃうしかっこいいと思うし、それは子どもでも同じだと思う。こどもって大人が思っているよりしっかり考えているし、誰かを本気で幸せにする姿からきっとそれはそれで感じ取ってくれると思う。

 

でもなあなあな気持ちで、中途半端な気持ちで仕事側を取るなら、自分側の都合だけで取るなら、ばかやろーって思うけどね。

 

昔からそうだったから、とか。

普通そうだから、とかじゃなくて。

今、お前はどう思うんだってことは大事にして欲しいし、大事にしてやりたいとも思う。

 

そういうときに、怒るよりも先に相手にどんな言葉をかけてあげられるか、まだ思いつかないから、私もまだまだ修行が足りない。

 

 

終わりがあるから楽しいのに

f:id:kuro-yan:20170816160943j:plain

子どもの頃、夏休みが終わるくらいになるととても寂しい気持ちになった。

そして、終わらなければ良いのに、と思った。

 

きれいな星空、友達と夜暗くなってから顔を合わすだけでもなんだか特別なのに、さらに花火という名の火遊びをすること。

日中誰に怒られるでもなくずっととんぼを追いかけていても大丈夫だし、太陽光を浴びてキラキラひかる川はとても気持ちがいい。

たまの土砂降り雨は家の中から見ていると、それはそれで非日常感があっておもしろかった。ちょっと成長してくると雷が光った後から音がなるまでの秒数を数えて雷の距離を計算したりしてみた。

かき氷もおいしいし、ソフトクリームも美味しい。スイカも桃も。

夏休みは冒険に溢れていて、わくわくすることしかない毎日だった。

だから、なんだか線香のにおいがぷんぷんし始めると、ああ、そろそろ夏休みが終わりに近づいているんだな、と寂しくなる。

 

少しずつ空気がひんやりしてきて、みんなそう思っているか知らないけれど、夕日の色も少し変わってくる。

そうすると、ああ夏も終わりなんだな、今年の楽しい夏も終わるんだって、ちょっとじゃないね、結構寂しくなる。

 

これは小説を読んでいても、ゲームをしていても、漫画を読んでいても同じ現象が起こるということに最近気がついた。

だんだん終わりが近づいてくると、本をめくるスピードは落ちるし、ゲームは進めたくなくなる。漫画の最終巻も一緒だ。

そして終わった後はなんだかその世界に少し浸っていたくなって、ぼんやりする。夏休みぼけってつまりこういうことだと思う。

 

ぼんやりが少し続いた後、自分の生活とか自分がやるべきこととかがどどっとやってきて、そして前より何かをつかんで新しい自分で自分の生活が始まるわくわく感が秋にはやってくる。

 

私は最近夢中になれるゲームがない。小説も漫画も変わらず面白いエンターテイメントがあるのに、ゲームだけは子どもの頃ほどはまる物がみつからない。

 

それもそうだ。最近のゲームには終わりがないのだもの。

課金を続けても、ゲームが終了することはない。

だれが望んで一生夢の中にいたいと思い続けられるか。終わるからこそ、なんだかもう一度読みたくなったり、ゲームをやりたくなったりするんじゃないだろうか。

トランプゲームが一生続いたらいつ自分が勝つのか分からなくなって多分飽きる。将棋もオセロもそうだ。どっちが勝つのか、はらはらした状態はわくわくするけれど、それは必ず終わりがあるからその時間も楽しく感じるんだ。

 

ファイナルなファンタジーなんて、いかにも終焉をきちんと迎えそうなタイトルなのに、これさえ終わらないゲームになってしまったようだ。

 

終わるゲームはもうないのだろうか。

夏休みは終わらないで欲しい、そう思っていた私は多分間違いだった。

夏休みは終わるから貴重なんだ。

 

次にやってくる秋も楽しいし、冬も楽しいからね。

夏が終わる前に夏のキンキンビールを楽しまねば。