まっすぐにいこう

思考・映画・ごはん・旅・自転車・読書・ライフハックのメモ帳ーPersistence makes me.

レシートはお金と同じ。大事に扱わないと貯まらない、と言うけれど。

f:id:kuro-yan:20171127211052j:plain

貯金に関する記事やコラム、本を読むとたいてい出てくるのが、レシートを大切にすること、だ。

レシートを取っておかないと、自分が何にどれくらい使っているのかを把握できないままになってしまって、いわば体重を知らないままダイエットをすることと同じ、だという。

確かに、自分が月々いくら使っているのかを知ることはとても大事だ。

 

けれども、このレシートを取っておくという行為。私にはどうしてもできなかった。

貯金をしよう、と試みても、レシートを活用できた試しはない。たまりにたまって、後からどーんと捨てるだけ。

 

けれども貯金はと言えば、毎年目標額に到達しているし、海外旅行国内旅行も賢くお得に出かけている。

そう、目的が「自分がいくらつかっているかを知る」な訳で、レシートを取っておくことは、方法その1に過ぎないのだ。

 

私が「自分がいくらつかっているかを知る」ためにやっていることは、次のようなことがある。

 

その1、ほぼ全ての生活必需品をカードで購入すること

カードで購入すると、当然だけど履歴も残る。どこでいくら使ったのか、月末には一目瞭然だし、月末まで行かなくても、マネーフォワードと連携しておけば、随時使ったときに何にどこでいくら使ったのか記録されていくので、アプリ内で簡単にチェックが可能だ。

スーパーはもちろんカード。コンビニもカード。旅行代金等も基本的にカード。ポイントも貯まるしね。

自分のライフスタイルをくみ上げるときに、なるべくカードが使える場所に変えてしまうようにしてしまうと楽。

 

その2、マネーフォワードをはじめとするアプリの活用

今の時代、大抵の人が持っているスマホ。その家計簿アプリを使うと、自分が何にいくら使っているのか、グラフを作ってみせてくれる。

しかもレシートはその場で撮影すれば読み込んでくれて、はい終了って言うタイプが多い。

家計簿はつけているときはただの道具。つけ終わった結果こそが、活用すべき情報。つける時間を節約することによって、自分の時間も大事にできる。

タイムisマネー。

 

その3、旅行に行くときは旅行用の財布

まだまだ地方に行くと現金しか使えないお店も多いので、地方に行くときには別財布で現金も入れていく。

そう、いつもと違う財布にお小遣いのように入れていく。基本的に足りないからと言って途中で下ろしたりしない。行く前に、自分がどれくらい使いたいか、ということを考えることもできて、無駄遣いや衝動買いも防げる。

旅行にいくら使う、と家計簿にも計上しやすい。

また、高価なものを売っている場所はカードが使える場合も多いし、できればカードで買う方がポイントも貯まるのでお得。

ちなみに余った現金は自宅の貯金箱にいれてしまったりする。

 

もちろんレシートは大切なもの。けれどもものにすぎなくて、自分の目的を達成するためにどうしたらいいか、日々考えることはやっぱり大事。

レシートを面倒で溜め込む人は一度考えてみるとよかったりする。