まっすぐにいこう

けいぞくはちからなり。将来ひ孫に見せる私の日記

我が家の朝ご飯について

f:id:kuro-yan:20171030114723j:plain

お題「朝ごはん」

天気のいい朝も、天気が悪い朝も、元気な朝も、二日酔いの朝も、おいしい朝ご飯があると一日がとてもいい日になりそうな気分になるから不思議だ。

 

ダイエットでも朝は王様のように、昼は庶民、夜は乞食のような食事、が一番体への負担度合いもよく、エネルギーを効率的に使うことができるというし、何より夜、食べ過ぎないと本当に朝が気持ちいい。

たまの贅沢で夜に親しい仲間と深酒するのも楽しいんだけどね。

 

そんな我が家の最近の朝ごはんと言えば、白飯にみそ汁だ。たまにお弁当の余りの卵焼きやらウィンナーがつく。めかぶがつくときもある。

朝食は王様のように、とか語っておきながらいかにも平凡な朝だ。弁当の方が豪華かもしれない。

それも夕食と比べてしまえば我が家的には王様のご飯になる。

最近ダイエット……と言うには痩せ体質の夫の筋肉増力と脂肪分解のために、夜は炭水化物はほぼ取らず、大豆や鶏肉に野菜をふんだんに使ったスープのみのメニューだ。

お弁当におにぎりを多めに入れておいて、間食、おやつ代わりに夕方に食べてもらって糖を補給した後、夜遅くに腹に入れるものに米を混ぜると、結構朝が辛い。

というわけで具沢山スープが最近の定番だ。

 

だから朝ご飯が、とても美味しく感じる。なんだかんだで米はうまい。

空腹は最大の調味料、というか米を久しぶりに味わう感覚、と言えば良いのか。

我慢した分美味しくなる、的な法則で、我が家の朝ご飯は成り立っている。

みそ汁も私がジャガイモやら白菜やらきのこやらやたら具沢山にするのが好きなので、材料と朝食のラインナップを文字でつらつら並べると貧相に見えるけれど、実際目で見ると結構満足感が大きい。

 

という訳で、我が家の朝ご飯は、ご飯とみそ汁。