まっすぐにいこう

思考・映画・ごはん・旅・自転車・読書・ライフハックのメモ帳ーPersistence makes me.

映画『ファインディングドリー』を見て考えた、ちょっとウザいあいつ

2週間連続ディズニー映画!

ファインディングニモの続編的な立ち位置の映画、『ファインディングドリー』

ドリーというのはこの中心にいる青いお魚。ナンヨウハギという種類のお魚です。

sideworklabo.com

 

前作ではニモのお父さん、マーリンと共にニモを探しに一緒に旅をしたパートナー的存在。3秒後くらいには教えられた事を忘れてしまう、驚異的な記憶力のなさでお笑いなら最強のボケポジション。見る人によっては若干イライラしてしまう程の忘れっぷりです(笑)

 

ドリーの忘れっぷりは「小さい頃親とはぐれて実はそこに戻るはずだった」ということでさえ忘れていたというハードっぷり。

芥川龍之介のトロッコの主人公も驚きの、かなり強いハートの持ち主ですね。

(トロッコ:少年がトロッコ押しの手伝いをしているうちに気がつけば、自宅からかなり離れたところまで来てしまった。トロッコを押していた職人達はそのまま辿り着いたところで泊まるという。日が暮れていく中、少年は心細い気持ちでダッシュで家路につく、という話。気がついたら一人で遠くまでいっちゃって、心細くなった)

 

そんな忘れん坊のドリーが、ふと両親との事を思い出し、自分の家族を捜す冒険に出るというお話です。

 

 

★ドリーを見ていると、多分半分くらいの人が身近な人を思い出す

そう、クラスに一人、職場に一人、周りに一人、初期能力値が聖人でない限り、人生のどこかで一度は誰もが遭遇した事があるはず。

なんかこいつうざいな、みたいなキャラ。

すごくいいやつだし、特別に嫌な訳じゃないんだけど、なんだか関わりにくい。時と場合によってはこういうタイプの子が仲間はずれにされているところを目撃した事がある人もいるんじゃないでしょうか。

私も特に小学校時代で数人思い出す人がいます。幸い、世の中いろんなやつがいるよねと、クラス全体として認め合う雰囲気だったので、殺伐とした雰囲気にはなりませんでした。変な事言うけど、それがめっちゃ良いことな時もあったよね、みたいな、マーリンやニモに受け入れられたドリーのように、ほんわかした空気だった記憶があります。

実際私もそのちょっと変な奴、には結構色んな虫の名前を教えてもらいました。(変な上に気持ち悪い虫を教室に持ち込んでくるやつだった)

けれども、自分より一つ下の学年では、クラスに一人二人はいる、ちょっと変な奴に大して逆の事が起こっており、一つ上の学年にその悲惨な状況が伝わってくるくらい、悲しいクラス模様でした。

 

★本当にすぐ忘れる、けれども抜群の発想力と行動力は起業家顔負け

時が流れて大人になってみると、画一的な働き方が求められる社会が過去の物になりつつあり、ホリエモンをはじめとする起業家が注目され始め、会社員として働くのもすごいけど起業している人、シリコンバレーで活躍している人の方がスゲーっていう今の世の中においては、ドリーのようなタイプの人の方が競争力が高いようにも思います。

もちろんまだまだ大手企業の会社員はなんだかんだ強いけれど、ドリーレベルに行動力と危機迫る時に発揮する発想力は、シリコンバレーの起業家を彷佛させられます。

 

 

★共に暮らす、に関する知恵が詰まっている

ここまで考えたとき、よくよく考えてみれば、どんなにできる人でもちょっと変だなって思う人や、気が合わないな、と思った人とは距離を置くし、逆にどんなに変でも、世間的にこいつなんかちょっとオカしいって思われている人であっても、自分がこいつ面白いから一緒にいたいな、と思った人とはなんやかんや一緒にいます。

映画の中でドリーに対して冷たく振る舞っているように一見見える魚達の対応は、大人の世界とも言えるかもしれません。

彼らは意地悪するわけではなく、ドリーが名前を忘れた魚を探して欲しい、といろんな魚にお願いする訳ですが、名前が分からないような魚を突然知らない人に一緒に探して、と言われても困るなあ、というところが心情でしょう。

人間だってちょっと困ります。名前や住所が分かれば調べようがあるけれど。

一方マーリンやニモはそんな忘れっぽいドリーでも、ドリーと一緒に過ごした時間があるからこそ、ドリーの良さや強みを理解し、名前もどこにいるのかも分からないドリーの家族探しを手伝いました。

 

教育機関である学校では、しばしば「全員と仲良くしましょう」という主旨の声かけがあったりして、それって社会に出てどうなの? という論争が起きている場面もネット上ではしばしばみかけます。

本気で「全員と仲良くしましょう」って言っている人もいれば、公の機関である事から尖った発言を控える為に、半ば社交辞令的にそのように発言している人もいそうだな、とも思います。

結局対先生とでさえ社会に出た時の人との関わり方の勉強になってしまうことを考えると、子どもが人間関係で悩んでいたら、家族でファインディングドリーを観るのもいいのかもしれないなー、なんて気がしました。

と同時に、最近のディズニー考えさせられる系増えてきたなーという感想も持ちました。まだ観ていない最近のディズニー映画もチェックしてみようかな。