まっすぐにいこう

思考・映画・ごはん・旅・自転車・読書・ライフハックのメモ帳ーPersistence makes me.

今年我が家で生まれた酒のおつまみベスト3

f:id:kuro-yan:20180106093253j:plain

私も夫もお酒が好きだ。毎日晩酌するわけではないけれど、特に日本酒が好きでそれに合うアテを探すのも好きだ。

 

旅先でお酒を買ったり、もらったりする機会も多くなった今年は、自宅で晩酌することがとても多かった。自宅での晩酌回数を重ねるにつれ、アテのレパートリーも増えた。

 

友達が遊びにきて、おしゃべりも楽しみながら飲むので、とにかく楽に、早く、おいしくできるもの、を追求して我が家のスタメン入りを果たしたメニュー達の記録をしておこうと思う。

 

第3位

やっぱり男は肉じゃがに弱い。でも肉じゃがは面倒くさいと思っているあなたへ「じゃがいもの煮っ転がし」

 

男は肉じゃがに弱い理由。それは醤油とみりんと少しの砂糖が奏でる味のハーモニーが大衆居酒屋のメニューにあまりないのと、ラーメンや中華とは一線を引いた優しさが込められているからだ、と勝手に思っている。

肉じゃがだってそんなに手のこんだメニューじゃないのに、そんな肉じゃがさえ面倒くさい。世の女性の3割くらいは思っているんじゃないだろうか。

そんなあなたにすすめたいのが「じゃがいもの煮っ転がし」

ジャガイモの皮をむき、一口大に切って水をかぶるくらい入れて火にかける。

沸騰してお水が半分の量に減ったら、砂糖、みりん、醤油で味付け。

煮詰まったら火を止めて、自然に冷ます。

ほったらかす時間が多いので、その間に別の一品に取りかかれるのも美味しいポイント。ビール、日本酒、焼酎に合う。手間がかかるけれど里芋でつくるのも美味しい。

 

第2位

これをセットすれば、ホームパーティーでもう料理を追加しなくて大丈夫。事前準備で自分もパーティーを楽しもう。「にんにくマグロ、とろタク、他お刺身を韓国海苔ディップ」

 

マグロのたたきニンニク醤油

マグロのたたきにたくあんのみじん切り

他お刺身類

平たく言うと、手巻き寿司の具材とか。

これらに韓国海苔を用意するだけで、御前は豪華に、しかも一気に出せる。冷やしておくものばかりなので、事前に作っておいて人が来たらすぐに出せる優れメニュー。その後も追加はほとんどなし。

最後のしめはお茶漬けで、〆まで完璧にできるフルコース。

これらにキムチを追加すればマッコリにも合う。

 

 

第1位

ズボラの極み「鶏肉の塩レモン焼き」

 

フライパンの上で鶏もも肉を料理酒につけて塩こしょう。そのままフライパンに火をかけて、皮目からじっくり焼いていく。

ひっくりかえして蓋をして、中までじっくり火を通し、最後はレモン塩ドレッシングで味付け。

この味付け部分を、みりんしょうゆに砂糖でやると照り焼き風。とメニューの幅が増えるのも嬉しいポイント。汚れるのも、お皿の上で切ればフライパン一枚のみ。

片付けも楽。まさにずぼらの極み。

 

来年はワインに合うズボラつまみを開拓したいです。