まっすぐにいこう

思考・映画・ごはん・旅・自転車・読書・ライフハックのメモ帳ーPersistence makes me.

ダイエット停滞期を乗り越える為に必要な行動を考える

f:id:kuro-yan:20181021220004j:plain

5ヶ月間でー5.7kgを達成して以降、そこからー1.5kgいったところでここ2ヶ月間完全な停滞期を迎えました。

kuro-yan.hatenablog.com

 

体重に変化はないものの、体そのものの変化はきちんとあるので、今は中身が入れ替わっている時期。脂肪が筋肉に変わっている時期。と自分に言い聞かせて、まあコツコツと記録と平日夜18時以降食べない習慣は継続中です。

スタートからだとー7.2kgとなったわけですが、目標としてはあとー4kgいけたら理想かなーって思っています。

後一息!そろそろ停滞期脱出したい!というわけで、停滞期を脱出すべく新たな、どんな習慣を身につけたいかなーっていうのを考えてみました。

 

食べ物でお腹のめぐりを快調に「玉ねぎヨーグルト」の導入

テレビでも話題の玉ねぎヨーグルト。なんでも、玉ねぎとヨーグルトという組み合わせで、ただ二つをそれぞれ摂取するよりも痩せやすくなるのだとか。

実際テレビに出演して体験した芸能人の方は、お通じがめっちゃ良くなっていました。腸内環境および体の内部を整えてくれる感じなのかな。

作り方は簡単で、スライスした玉ねぎをヨーグルトにつけ込むだけ。食べるときに塩をふったり、納豆にいれたりしてもいいのだとか。

先日実際食べてみて、結構味は好みだったし、納豆に入れるのも美味しく感じることが出来たので、継続できそうな感触を掴みました。(私は納豆大好き)

というわけでさっそく来週から切らさないように毎日食べてみようかな。

 

平熱を上げて代謝アップを狙え「しょうが」の導入

学生のときの美人な友人がチューブの生姜を持ち歩いて、味噌汁でも野菜炒めでも、とにかく生姜をプラスしていました。

彼女は平熱も高い方で、大半の女子が悩んでる冷えなんていざ知らず。冬に風邪を引いている様子も見たことがなかったのです。

生姜に限らず、体を冷やさない・基礎代謝をアップする、はダイエットの重要なポイントの一つかと思いますが、とにかく何かと生姜をプラスするくらいなら、手っ取り早く真似できるのでは?と思ったので、これはすぐに導入できそう。

まずは毎日のみそ汁に入れるところから。

 

筋肉をきれいにつけたい「柔軟」の導入

昔はめっちゃ体柔らかい方だったのに、今は普通くらいに。困る程固くはないけれど、きちんと柔軟しておいたほうが怪我もしにくくなりそうだし、スポーツを趣味にしているだけに今後真面目に習慣化したいことの一つ。

ただ布団の上ってやりづらいし、広いスペースでやりたいし、なんなら夜も朝もやりたい。うまく習慣化する方法は模索して、上記二つがきちんと習慣化できたら取り組みたいな。

 

 

というわけで、停滞期を乗り切るべく新しく導入したい体への習慣について考えてみました。「選択と集中」ということで、ひとつずつ取り組んでいきたいと思います。

まずは玉ねぎヨーグルト(と生姜も一緒に出来そうかな)

そして落ち着いた頃に柔軟にもチャレンジしたい!

また明日から新しい一週間、がんばってこー。

おやすみなさい。