まっすぐにいこう

思考・映画・ごはん・旅・自転車・読書・ライフハックのメモ帳ーPersistence makes me.

不要な物を減らして生まれる『余裕』の貴重さについて

f:id:kuro-yan:20180820230025j:plain

東北旅行から帰ってきてから、家の各所を断捨離しています。

kuro-yan.hatenablog.com

いつもと違う刺激を受けて、ゆっくり自分と対話するうちに、自分自身の現在の暮らしについて見直し始めるのは旅行にはいつもつきもの。

今回旅が終わってから思ったことは……

・各お部屋をオシャレにして、遊びにきた人がずっといたくなるような空間作りがしたい(壁紙を貼ってみる、ダイニングの照明を変えてみる)

・寝室をいい匂いにして、リラックスタイムを過ごせるような場所にしたい(ここも壁紙の色を変えたり、照明をもっと暖かい感じの物に変えたい)

・そもそも荷物の量を減らして、暮らしにかける手間を減らしたい

(モノが多いと管理、維持に手間がかかる)

 

 

そんな想い(希望)を持って、とりあえずモノを減らす断捨離を開始しました。スタート地点はダイニング。

元々カラーボックスと一枚板を組み合わせた、お手製キッチンテーブルを使っていたのですが、各カラーボックスに収納していた物を断捨離して、カラーボックス内を空っぽに。

そしてキッチンテーブルは解体しました。

今はとても広いスペースががらんとある状態です。

電子レンジの為だけにカラーボックスを二つだけ繋げて端に置いて、暫定的に使っています。

 

帰宅してから自転車を自転車部屋に運ぶまでの道が広くなって、夫も嬉しそうです。というか、新聞紙を下に敷いたらダイニングで自転車二台メンテナンスも夢ではないスペースが生まれて、私もとても嬉しい気持ちになりました。

 

他にも、ダイニングスペースの物が減って、置く物が厳選されたおかげか、「あれどこに置いてある?」という状態でもすぐに目当ての物が発見できるようになりました。以前は自分でも、「あれどこにしまったっけ?」って結構探していたりしたのですが、探す時間がほぼ0になりました。

こういう小さいものが積み重なって、物理的な時間的余裕だけでなく、精神的にも余裕が生まれてきたように思います。

 

ぽっかり空いたスペースを見ながら、夫婦でこのスペースをどうしていくかおしゃべりタイム。

自転車に乗る私たちにとって、このスペースはかなり便利。この空間を維持したい。けれども、料理が好きな上に二人とも家に人をお招きするのが大好きで、来客が多い我が家に、キッチン作業が楽になる広い作業スペースも確保したい。

 

色々考えて、折りたたみのダイニングテーブルを導入することにしました。

www.muji.net

アウトドア用品のダイニングテーブルも一度見当したのですが、部屋のカラーがダークブラウンなので、テーブルの足が黒い方がいいなーという気持ちが勝りました。

先週末に二人で下見&実際に座って触れて確かめて、再度ここに必要が自宅でも見当し、本日注文しちゃいました〜。

折りたたみは私が一人でもできるくらいだったのも決めての一つ。

これでこのスペースを大事にしながら、ダイニングスペースも確保できる!と商品が届くのが今からワクワクです。

 

次は寝室かなあ。寝室のごちゃごちゃをなくして、いい匂いのする場所にしたいです。

我が家は布団派なのですが、寝室がごちゃごちゃしているおかげで、布団を干す作業がとても大変。

ベットは管理が大変だから、と布団にしているのにこれでは意味がない!

そもそもモノを減らして布団を管理しやすい空間にしたいし、現在マットレスは丸めて収納するタイプを使っているけれど、自立させて省スペースで干すことを考えると、三つ折りタイプの方がうちには合っているかも……と色々検討中です。

フレグランスも色々比較、見当したいなあ。ポプリ、という選択肢もあるよね。。

 

 

そんなこんなで生活の色々を考える時間ができて、なんとなく暮らしが楽しい最近です。

物に時間を囚われないでいると、こんなに暮らしに対して創造的な時間を使えるのか、という発見もありました。

何事もそうですが、物理的にも精神的にも『余裕』って大事、と改めて思いました。