まっすぐにいこう

思考・映画・ごはん・旅・自転車・読書・ライフハックのメモ帳ーPersistence makes me.

私のゲン担ぎ、新しい靴をおろす時には

f:id:kuro-yan:20180203000121j:plain

今週のお題「ゲン担ぎ」

 

勝負の前にはショパンを聴いてチョコレートを食べる

電球の替えの買い置きはしない

玄関のはたきに靴を置きっ放しにしない

改めて自分の生活をふりかえってみると、自分なりにゲンを担いでやってることが意外とありました。もう無意識レベルでやってます。

 

勝負の前、主に高校までの運動部時代はずっとこれでした。

勝負の前はショパン。しかもなぜか「木枯らし」

自分のプレーのリズムと何かシンパシーを感じていたのかもしれません。色々聴いた中で一番これが落ち着きました。

そんでチョコレートを食べておくと自分なりに集中スイッチが入りました。試合時間が長引いたときに粘れるしね。

 

電球の替えの買い置きは基本的にしません。

なんか買っておくと早く切れる気がして。今、リビングの4つの電球中、3つ切れているのでそろそろ買いにいこうかな......

 

玄関のはたきに靴を置きっ放しにしない。

これは風水だったかな。玄関は常に綺麗にしておいた方が、いいものがたくさん入ってくる。これは結構そうかなって自分の中では思っています。

綺麗にしておけるという事は、自分の心の中がちゃんと余裕があるってことでもあるので、そういうバロメーター代わりにもしています。

 

無意識レベルなので、観察したらもっと色々あるかもしれないです。

それから、これらのゲン担ぎは他にもやっている人が多そう。

 

 

そんな中でも私の家族以外でやっている人を見た事がないのが、

『新しい靴をおろす時に、トイレで魔法をかける』というゲン担ぎ

父方は誰も信じておらず、母と母方の親族がみんなやっているので、そっちから伝わっている事のようです。

新しい靴は朝におろす(午前中におろす)ということに加えて、

 

新しい靴を履く前にトイレに行き、

靴をもって、靴の裏をトイレの床に、とん・とん・とん

それから「いいことありますように」と一言。

こうしてから靴を履き始めます。

 

ショッピングセンターなどで靴を購入して、そのまま履いて帰りたいときでも、私は一度トイレに行って、このおまじないをしてから、履き替えてトイレから出てきます。

 

なぜなんでしょうね?

母に聞いても、おばあちゃんがそうだから。というし、

おばあちゃんに聞いたところ、悪いものから守ってくれるから、みたいなことを言われました。

そのいわれまでは分かりませんでした。

 

まだ同じ風習を持った人に出会った事がないので、もしも同じ事をした事がある人がいれば、どうしてそのような習慣が生まれたのか、知りたいです。