まっすぐにいこう

思考・映画・ごはん・旅・自転車・読書・ライフハックのメモ帳ーPersistence makes me.

いらないものリストについて考える

f:id:kuro-yan:20171016133758j:plain

最近、ミニマリスト界隈では「いらないものリスト」というものが流行っているらしい。本棚は本に溢れているし、生きてきた中で溜め込んだ書類を整理できていない、そんなミニマリストですとは言えない生活を送る私だけれど、これは必要ないと思った者について、メモしておこう。

 

私にとって必要のなかったもの1:食器棚

これを手放したのは意外と最近のことだった。一人暮らしから二人暮らしになったのに、その時よりも広いおうちに引っ越しをしたのに、食器棚は手放した。

普通に考えたら、一人暮らしの時の方が必要なくて、二人になったら食器の数が増えてこれまでよりも必要品になるかと思いきや、その圧迫感から解放されたくて手放した。電子レンジも炊飯器も手に残したまま、工夫をしたら、万能だった食器棚はさよならとなった。

ホームパーティーが好きな我が家は、以前より食器もグラスもカトラリーも増えたけれど、それでも食器棚が必要だとは思わない。シンク下に、木材でしきりを作って、隠れたお気に入りの食器置き場が今はある。

電子レンジはカラーボックスと板を組み合わせて作ったキッチンカウンター圏作業場に収まって、炊飯器はシンクとなりに新たに置いた、コンパクトな棚の上に収まっている。

 

私にとって必要のなかったもの2:ベット

一人暮らしのとき、大切にしていたものの一つがベットだった。ソファ代わりにもしていたし、寝転がって読書をするにもとても重宝した。

結婚後、彼が布団派だったことから一緒に布団派に。後から聞くには、布団派だったかというとそういうわけでもなく、ただ単にベットを買うのが面倒だと思ったことと、引っ越しのときに運ぶのも面倒になりそうだから買わなかった、とのこと。

当初より広いおうちに引っ越してから、ベットへの変更案も出たけれど、今となっては布団への愛着もわいてそのまま布団生活実行中。

上げ下げが楽で、湿度の高い日本だと布団が一番保守点検しやすいのよね。あと実は布団を二枚並べるのって、キングサイズのベットと同じくらいのサイズがあると聞いて、広々と寝たい気持ちが一致した私達はそのまま布団生活へ。

使う頻度の少ない客間にはクイーンサイズのベットを一つ置いて、ホームパーティ時に終電を逃した友人を泊めている。たまにベットに寝たくなったときに二人で使っている。頻度が少ないからお手入れも、ベットリネンの交換も自分の思うようにできるし、定番のマットレスのカビ、にも悩まされずに済んでいる。

 

私にとって必要のなかったもの3:衣替えが必要なほどの量の服

寒いところに住んでいたときは驚くほどの衣類を持っていた。重ね着するために肌着もたくさんもっていた。

それ以外にも、ぱっと見て素敵だなと思った服は買っていた。

けれど気がついたのだ。自分はファッションにそれほど強い興味もないし、小綺麗な格好が毎日できていれば、毎日同じような格好をしていても、対して問題でもないってことに。そもそも、毎日ファッションを考えることは私にとってとてもすごい楽しみというわけでもない。たまに洋服屋で考えるのは楽しいけれど、毎日は考えたくない私は、ワードロープをスティーブジョブズ並にシンプルにして、その決断力を違う場面に使った方がいい、ということにも気がついた。

衣替えも正直面倒くさい。今はそんなに寒い地方に住んでいる訳ではないけれど、真冬の北欧に旅行に行けて、常夏のは話にも遊びに行ける洋服はそろえた上で、衣替えをしなくて済む服の量に調節することができた。

ときめかない服というものほど、自分のテンションを下げるモノはないね。

 

 

今のところ大きいものでは3つあった。モノと向き合うと、自分の心の状態がなんとなくみえる。書類が片付かない私は、いったいいつになったらこの大量の書類と向き合えるのだろう。

ダンボール二箱分も捨てたのに。