まっすぐにいこう

けいぞくはちからなり

Man is the inventor of stupidity.

f:id:kuro-yan:20170717210912j:plain

連休だからといって、出かけなければいけないわけではない。

 

カレンダー通りの休み、というのが自分の日常になってからしばらく、休みの日は出かけるべきという行動パターンが体に染み付いていた時期があった。

 

休日に家でだらだらしていることに罪悪感を感じてしまうのだ。

 

今ではそれはなくなったが、たまにこの罪悪感を夫が発症する。

これはなんていう病名なのだろうか。

 

自分たちで言うのもなんだが、結構アクティブな夫婦ではある。

アイアンマンに出場し、完走するくらいには運動をする夫。そして元々自転車が好きで、夫の自転車の簡単なメンテナンスをやり、気が向けば70kmくらいの距離を走りにいこう、と誘う妻である私。

運動だけではない。

音楽でもプレイヤーとしてもリスナーとしても積極的に活動をしている。

読書も好きだ。

ある意味趣味に溢れ、休日は忙しくなりがちだ。

 

だからこそ、私は本当に何も入れない休日、というのを大切にしたい、と考えるようになった。

夫も最近は、何もない休日の価値を理解し、実践している。

 

何もない休日は、朝ご飯を食べながらその日の予定を考えるところから始まる。

朝ご飯を食べるまで、その日のことは一切考えないのだ。

おかげでこの3連休は本当にゆっくりした。

 

連休ともなると、さすがに予定を入れてしまいがちだったのだが、2連休以上で予定をほぼ何も入れなかったのは、初めてかも知れない。

というくらい予定をいれない連休でした。

 

カフェに行って語り合ったり。

図書館に行ったり。

家でクーラーをがんがん効かせて読書をしたり。

気になっていた映画をみたり。

 

体はもちろん、心も休まる休日でした。