まっすぐにいこう

けいぞくはちからなり。将来ひ孫に見せる私の日記

今日から頑張ること、日記。

日記を始めることにした。

今日の自分は明日の自分より劣っているのか。昨日の自分より今日の自分の方が勝っているのか。ということは正直どうでもいい。

自分の考えたことや思ったことを、きちんと文章にしてみる癖をつけることが、自分にとってとても重要な気がした。

 

私は言葉にするということについてめんどくさがりだ。

起きた感情がどかーんっていう感じだったらどかーん、だし。なんかその台詞、青っぽいなと思ったら、頭の中で青い色だけ想像して別に周りの人と共有したりもしない。

でも最近、それはなんだかもったいない気がした。自分の身近な人と共有すると、ちょっと楽しくなるという味を占めたのだ。

 

しかしここで困ったことが起きた。

2人や3人くらいだと、会話はキャッチーボルの容量と一緒だ。右利きの私は左手にグローブをはめて、相手のボールをキャッチ。ボールを右手のちょうどいいところに持ち直して、そしてどっちかに投げる。

でもこれが4人以上になると、会話は突然卓球になる。そこに卓球台が出現し、左手のグローブは消えて右手にラケットを持つ。ボールはサーブのとき以外は触ってはいけない。相手からボールが来たら、ラケットで返す。返すときに、右に打つか、左に打つか、深く打つか、浅く打つか、ちょっと回転をかけるか、はたまたドロップしてみるか。一瞬で考えて一瞬で返さなくてはいけなくなる。

 

キャッチボールも卓球も楽しい。どちらも違う楽しさがある。

キャッチボールは楽。相手を待つ心の広さを持っていれば、相手がいくらエラーしようが気にならない。いくらエラーして会話がくねくねしても楽しい。

卓球はちょっとドキドキ。でも、テンポが良くてエキサイティング。しかもみんながそれぞれ、いいタイミングでドロップしたり、回転をかけることによって、会話は少人数では掘れないところまで掘れたりする。

 

私は卓球会話がとても苦手だ。

でも楽しい。もっとみんなと話したい。なんで日本人なのに日本語の会話にさえついていけてないんだ。

そんな自分を少しでも成長させるために日記を始めることにした。

 

日記を始めるにあたって、自分と約束をする。

多すぎると守れないから、3つ。

①2018年6月6日まで、つまり1年後まではとりあえず毎日書く。1行でもいいからなんか書く。

②思ったことは書く。ドロドロしたこともかく。

③夢は書いてもいいけれど、嘘は書かない。

 

がんばれ自分。