まっすぐにいこう

けいぞくはちからなり

11月に今年こそはやりたいこと

私は11月の主婦向け雑誌が好きだ。クリスマスと年末年始をゆったり迎えるモデルプランを見ているだけで、なんだか優雅な気持ちになる。 実際のところはクリスマスと年末年始をゆったり迎える計画を読んでは、実践を試み、失敗に終わることを繰り返す。今年こ…

自分の幸せが何の上に成り立っているのか考えること

東京生まれ東京育ち、に限らず、都市部に住んでいる人の声に驚くことがある。高校生の時はいちいちそれに驚いて、いちいち心の中で感情を爆発させていた。 熊を撃ち殺すなんてかわいそう イノシシを電気ショックで追い払うなんてかわいそう 野菜と自分の命を…

五年前くらいの自分にいいたい。まず調べるという姿勢の大切さ

本当に分からないことは、そもそも何が分からないのかさえ分からない。 自分もそれで困ることは今でもあるし、これまで専門家の方にとても失礼な質問もたくさんしてきたと思う。 ググればいいじゃん、と思うかもしれないけれどそもそも検索ワードに何を打ち…

ブログを書きたくない、と思った時に書きたくなるように自分が思い出すようにしていること

今週のお題「私がブログを書きたくなるとき」 ブログを書きたくなるとき。これほど私にとって難しいお題はないかもしれない。 そもそも私がブログを書き始めた理由は、何かしらを続けてみよう→日記を書こう→さぼれないようにブログにしよう(保管も場所を取…

11月になったし、そろそろ本気で手帳を検討しようと思う

毎年この時期になると、考えることがある。 そう、来年の手帳、何にしようかな、ということについて。 日本は四月始まりだし、四月始まり手帳の方が案外合うのかな、とか思って四月始まりを使ってみたこともあるけれど自分には合わなかった。 やっぱり一月を…

11月のめあて

めあてって言う言葉、なんだか懐かしい。目標じゃなくてめあて。調べてみると、意味は目標とするもの、とか目印、とかまあ目標をひらがなにしたって感じの意味なのかな。 先月、洋書に全く手を出せなかったのでその反省をふまえて今月のめあてを考えてみた。…

10月のまとめ

10月も終わり、明日から11月が始まる。すると今年もあと二ヶ月だ。年をまたいだからなんだという話しでもあるんだけれど、やっぱり2017年中に自分がいけるところまで、できるところまで自分自身を高めたい。 やりたかったことたち *読書…10冊達成…

黒染めを強要した教諭に心から感謝したい

headlines.yahoo.co.jp いつかの日記にも書いたけれど、私は地毛が茶色い。髪も日本人にしては細い方で、程よい染まり方だね、とよく言われるし、地毛です。と答えると羨ましがられる。 中学校は平和だった 物心ついた頃には良い色だね、と言われるようにな…

最近の悩み

最近食欲がとても旺盛だ。 なぜだろう。驚くほど自分の胃の中に入っていく。 そして太った。 ああ、減量したいのに。太っている。 というのが最近の悩み。 こんなときは、丁寧に暮らしたくなる、丁寧にご飯を食べたくなる食堂かたつむり、とかかもめ食堂とか…

運動した後の肉はおいしい

世の中は台風、台風。先週もきたばかりなのに。 多分家にこもってお休みを過ごす人が多いのかもしれないし、ハロウィンに繰り出す準備をしているのかもしれない。 私は台風接近に負けず、午前中だけ天気が持ちそうかも、という希望にかけて、茨城の霞ヶ浦を…

休日の過ごし方、あえて負荷をかけると心地いい睡眠が取れる法則ってあるよね

今週のお題「休日の過ごし方」 休日とは何たるか。それは個人が自由に表現する場であって、誰かの指図を受けようと何の関係のない一日だ。もちろん他人に迷惑をかけない範囲内で。 ごろごろ休んでも良いし、それ休みじゃねえじゃんってくらい動き回っても良…

我が家の朝ご飯について

お題「朝ごはん」 天気のいい朝も、天気が悪い朝も、元気な朝も、二日酔いの朝も、おいしい朝ご飯があると一日がとてもいい日になりそうな気分になるから不思議だ。 ダイエットでも朝は王様のように、昼は庶民、夜は乞食のような食事、が一番体への負担度合…

金持ちになりたい、を気に入られる言葉に直してみた

日本で金、という言葉を出すと、意地汚い人、というような印象を持たれる場合がとても多い。 いや、コミュニティに寄るんだけれども。多分まんべんなく色んな人と付き合うと、お金の話しをするのはちょっと、と思うコミュニティの方が多いと思う。 もちろん…

それって厳密には転社じゃないかと思った件について

最近転職のCMがよく目につく。 新しい自分へ、とか自由とか、もっとできるはず、とか何となくかっこ良く見えるし、これまでのしがらみを捨てて飛び出した先にはキラキラした世界が待ってる設計の映像は、今モヤモヤしている多くの人の心に、このままでいいの…

毎年、なぜか寒くなるとショートカットにしたくなる

人生の3分の2くらいはショートヘアだったけれども、今はこてこての、誰が見ても間違いのないロングヘアをしている。 伸ばし始めてから出会った人が今でも会う友達に多いから、突然髪を切ったら、多分驚かれる。 髪の毛は細くて薄い方だ。故に色素も薄く、…

ネガティブは本当に悪者なのか

久しぶりに友人に会った。 という日記を書こうとすると、いつもネットワークやら新しい考え方(宗教と相手が言わなくても宗教の一種だと私は思っている。政党とかもある意味宗教だと思っている)を勧められた、みたいな記事になるけれど、別にそういう友達が…

おひつが妻の方に置かれる問題。

我が家には金色のネコがいる。 正確には金色のまんまるネコの貯金箱だ。 いくらぐらい入るのかは分からないけど、結構良い大きさで、1年間この中に小銭貯金を貯める。 貯めた小銭貯金は年始に二人のお年玉、として開けて、二人で数えて、そして旅行に行った…

死にたくなったらSF映画を見た方がいいと思った理由

日本は社会へのメッセージを投票ではなく自殺で表明する、と言った人がいた。何かの雑誌か、本の受け売りなのかは知らないけれど、なんとなく、的を得ているような気がした。 会社に対して抗議をする人は少ないけど、黙って辞める人は多い気がするし、学校に…

寒くなるにつれて本屋さんや文房具屋さんに出かけるのが楽しくなるワケ

この時期になると、本屋さんと文房具屋さんの密度が一気に濃くなる。そう、モノにあふれるのだ。実際、数値的にあふれているのかどうかはしらないけれど、春や夏よりもモノが多いように感じる。 ハロウィンの飾り付けに変装グッズの数々。キャンドルとかペナ…

日本で一番、観光案内所が冷たい街なのに

数年に一度はなぜか京都に行きたくなる。 生まれも育ちも京都から遠く離れた場所で、元々の縁もゆかりもないはずなのに。 私が京都に惹かれたのは高校一年生の時だったと思う。古典を読めば読むほど、その中心となる京都という街がとても気になった。 少女マ…

ルールはつくってもいいけれど縛られては意味がない

お題「マイルール」 生活を積み重ねていくと、自然とこういうときはこう、というルールができあがる。気がつけばそれは自分だけの自分が守るルールになっていて、それは自分が自分らしくいられるような手伝いをしてくれる。 けれどもたまに、必要以上に自分…

行ってみたい場所はただ一つ

今週のお題「行ってみたい場所」 高校生の時、世界史の資料集はどんな旅行ガイドブックよりも魅力的な本だった。不思議な遺跡の数々。建築の巨匠達が建てた教会や宮殿。いつ、だれが作ったのかも分からない不思議な建造物。 1、2枚の写真では物足りなくて…

7年寝かせた本を読んだ

私は本を読むことが好きだ。 高校生の時は本を読みすぎて受験勉強ができなくなると思って、自分に読書禁止令と図書館禁止令を出して受験生を乗り切った。 体育会系の道を歩んできたのに読書量は文芸部員と会話で盛り上がれるくらいには読んでいた。 そんな私…

ついに夫も引きずり込んだ

今週から私はホットヨガにはまった。もう最高だ。 そして今日は夫も引きずりこんで、一緒に行った。元々何か誘って嫌がったりする夫ではないし、むしろ初めてのことに積極的な夫だったから、引きずり込むまでもなく一緒に行ってくれた。 しかし結果、夫もホ…

ホットヨガにはまった

旅行続きで気がつけば体重が4kgも増えていた。去年は体調不良も重なってゆるゆるだったお気に入りパンツがきつい.... 体重が増えると服がきつくなることよりも嫌なことがある。それは脳がぼやけて、体の動きもにぶくなることだ。 適正体重より少し増えると…

いらないものリストについて考える

最近、ミニマリスト界隈では「いらないものリスト」というものが流行っているらしい。本棚は本に溢れているし、生きてきた中で溜め込んだ書類を整理できていない、そんなミニマリストですとは言えない生活を送る私だけれど、これは必要ないと思った者につい…

学校でやってたテストと主婦力について

インスタグラムをのぞくと、この世は幸せで溢れていて、普段テレビのニュースで政治家に対して文句を言う人達の大群が嘘のように思えてしまう。 見せ方一つで世界の見え方は変わるんだから、インスタグラムもテレビのニュースも過信しない方がいい。 インス…

いつまでも成長したいと思って、大切にしたいこと

ー自分より若い人を尊敬しなくなったら、自分の成長は止まる気がした。 社会に出ると、年配であればあるほど何でも正しくて何でも尊厳ある、そんな風が吹く場所がたくさんある。そういう場所はその対もあって、年少であればあるほど何でも正しくなくて尊厳も…

カンボジアも微笑みの国だった

3連休を使ってこちらに来ていたので最終日となる。 夜行バスを使った後の高級ホテル。最高に快適だった。人類の進歩に乾杯したい。割とどこでも生きていける人間の部類には入ると思っているけれど、やっぱり快適なことに越したことはない。 シェムリアップ…

ムスカ大佐もここでラーマーヤナを一生懸命読んだのだろうか

行動時間が長くなるから、という理由だけでアンコールワットのあるシェムリアップまで夜行バスに乗った。一人だったら絶対乗れない気がするけど、現地民が一緒というだけでなんだか心強くなるんだから、人間って不思議だ。 運転手がクスリをやっている可能性…